卒業生から後輩へ

 こんにちは.松本です.これが最後の投稿となります.さて,何を書こうか悩んだのですが,学会に向けて研究を進める後輩の方々にアドバイス的なものを書こうと思い至りました.

 昨年の今頃の僕は,「学会で発表するなら,立派な発表したいなぁ」とか考えていました. そんな思いでやった一年の成果はどうだったのかというと,まぁ惨敗ですかねぇ….振り返ると,やりたいことを見つけ取り組んでいたものの,10月あたりまで背景がしっかりしておらず,手法も複雑化していたり,背景と手法が対応付いていなかったりとあまり研究研究していなかったように思えます.学会発表では,ポスター発表で「おもしろい研究だね」「研究続けないの?」などの意見を頂けた一方,口頭発表では質疑応答がうまく切り返せなかったところに悔いが残ります.

 学部生ながら研究を1年やってきて,ようやく学会までの流れがわかり,研究の勝手が少しわかったような気がしています.(そんな気がしたことで,もう一度挑戦してみたい気はした.)研究には,「すごいね」って感じる研究と「おもしろいね」って感じる研究,その両方を感じる研究がある気がします(?).「すごいね」っていうのは,精度を上げただとか,計算量が減っただとか,そのへんで,有用性があるほど感じそうです.「おもしろいね」っていうのは,アイデア自体が良くてやってみないと結果わからないだとか,確かにそれって必要だよねとか,そのへん.こっちは,新規性に絡んでいそうですね.両方出来れば研究として,万々歳なのですが,そんな簡単にいきません.僕は「おもしろいね」研究でした.

 いずれにしても,研究研究するためには重要な点がいくつかあって,その点をうまく抑えないと意味のわからない研究となってしまいます.じゃあ,重要な点は何か.僕が思い当たるものは次のいくつか.

  • その手法が必要な背景はあるか
  • 背景と手法は矛盾していないか
  • シンプルな手法であるか
  • 手法の条件分岐に根拠はあるか(なければ確かめなければならない)
  • 本当に手法の評価が出来ているか
  • 背景と評価方法は矛盾していないか

これらの重要な点は,自負しているつもりでも案外できてなかったりします.そして,客観的な意見をもらって初めて気が付くことになります.それでも,研究が始まった早い段階で意識して取り組むことも重要に思えます.特に,10月までの僕に「手法が複雑すぎない?」や「背景に対して,その手法は必要なの?」などを投げかければ,容易に撃沈していったことでしょう.

 さて,卒業生として,僕が後輩の力になれることといったら,やはりプログラミングなので可能な限り資源を残すこととしました.システムの実装をちゃっちゃとやって,手法や評価実験に専念してください.そして,来年の学会発表で賞をとってください.

neko

今までありがとうございました.それでは!

広告

C#の構造体におけるインデクサおよびプロパティによるインスタンス変数の変更についての一考察(てきとー

こんばんは,松本です.今回はC#の小ネタ回です.研究室メンバーのN脇君が値渡しと参照渡しの違いを理解していないようで,まったく困ったものです.
ところで理解しているみなさん,突然ですが問題です.次のコードはコンパイルできるでしょうか.


	class Program {
		struct Person {
			public string name;
		}
		static void Main(string[] args) {
			List<person> persons = new List<person>();
			persons.Add(new Person());

			persons[0].name = "Yoshida";
			Console.WriteLine(persons[0].name);
		}
	}

続きを読む

口頭発表の練習

こんばんは.松本です.
北山研は12,13日の卒論発表会にむけて大忙しです.
どうやら,24階の他の研究室と比べると1週間くらい発表練習が遅いようですね.これは,提案手法やシステムの評価実験を行って,結果を反映させた論文を12日までに学会へ提出するタスクがあるためでしょう.僕自身,まだ評価実験を終えておらず,論文を書き始められない段階です.そのため,実験と同時進行で発表のスライドを作り,口頭発表の練習をしています.

北山研では,先生によるチェックや動画の撮影,来年配属予定の学生による質疑応答などで練習していきます.
そして,先生のアドバイスによって,図を使って数式を分かりやすく表現したり,手法をイメージできるようにしたりするなど,スライドが徐々に進化していきます.
また,正面を向いて大きな声で発表するのが達成すべき目標です.まだまだ完璧な発表にはほど遠いですが,卒論発表会は学会の口頭発表の練習とも捉えられるので,きちんと練習していきたいですね.

おまけ:
動画は,↓こんな感じでUSBメモリに保存されてホワイトボードに貼り付けてあったりしています.(ちなみに今日貼られました.)
噂によると,N脇君の声が大きくて理想的だとか.
DSCN1426

After a calm comes a storm

こんばんは,松本です.
DEIM2015の閲読用予稿論文と卒論の抄録提出が無事に終わったので,研究室は徐々に落ち着きを取り戻しつつあります.

さて,閲読用予稿論文の投稿を終えたといってもそれで終わりではなく, 今度は2月13日に予稿集論文の提出があります.北山研では,この予稿集論文を1月に提出した論文よりもしっかりした内容で提出します.具体的には,評価実験をしっかり行い,結果および考察を論文に反映させます.つまり,各々の提案手法のシステムを実装して,被験者に実際に使ってもらって手法の有用性や問題点などを確かめていくことになります.

僕はというと,実装は終えていまして,今はロジックが正しいか検証している段階です.ロジックの正しいプログラムで評価実験をしたいのですが,如何せんプログラムが大きくなっている(12クラスファイルの総計2,522行)おかげでケアレスミスがけっこう心配なのです.これに関しては,計算過程をひたすら確認するという作業をするしかないので,明日・明後日を目途に気合いで終わらせる予定です.それが終わると,実験のための準備になりますが,僕の場合はGoogleドキュメントのフォームを使って被験者に回答してもらう形式なので,手早くフォームを作って,来週には実験を始めようという感じです. ああ,問題がひとつありました.被験者を集めないといけないのでした.10人以上を目標に頑張ります.

今日はこの辺で.